村上市立さんぽく北小学校

1 村上市と学校の概要
 村上市は、平成20年4月に旧村上市、神林村、荒川町、朝日村、山北町の5市町村が合併して新・村上市として誕生した。旧山北町のエリアである村上市山北地区は、新潟県の最北端に位置し、北は山形県鶴岡市に接し、西は日本海に面している。山北地区の総面積の93パーセントは山林で占められ、農地の割合は2パーセントと少ない。海岸線の総延長は26キロメートルに及び、その全体が「瀬波・笹川流れ・粟島県立自然公園」区域となっている。
 当校は、平成16年4月、大川谷小学校、中継小学校、小俣小学校、雷小学校が統合して「さんぽく北小学校」として誕生した。平成21年度で開校後6年目を迎え、市町村合併により「村上市立さんぽく北小学校」となった。校区の広さは県内屈指であり、通学距離の遠い児童は、スクールバスを利用している。校区の保護者や地域住民の学校に対する意識は、地域によって多様である。しかし、統合以前から各地域で培ってきた教育尊重の気風は高く、学校への関心や期待が大きい。また、PTA活動の充実や地域住民のボランティア活動など、学校との連携・協力も充実してきている。
 
2 学校経営の教育方針(「教育のまち・村上」の自校化を目指します)
(1) 保・小・中連携プログラムを機能させ、基礎・基本の徹底を図ります。
(2) 「郷育会議」を軸に、家庭・地域との連携を強めます。
(3) 国際・情報教育の推進により、地球的視野を育てます。
(4) 教職員間の情報の共有と共通理解を徹底し、全職員で子どもたちをはぐくみます。
 
3 教育目標・重点目標
教育目標 「よく学び 素直な心で 輝く笑顔」
 
■重点目標■
○ 知…自ら課題をもち、学び、自分の考えを表現する子
【低】はっきり発表する子
【中】友達の意見と比べて発表する子
【高】自分の考えを筋道立てて発表する子

○ 徳…互いに認め合い、仲良く高まる子
【低】友達と仲良くする子
【中】友達のよさを見つける子
【高】友達を認め、受け入れる子

○ 体…進んで運動し、心身を鍛える子
【低】元気よく運動する子
【中】めあてをもち運動する子
【高】健康・体力に関心をもち、心身を鍛える子


 

学校長
 島田 芳樹(しまだ よしき)

児童数
 1年4名 2年15名 3年9名 4年6名 5年18名 6年15名 計67名

職員
 校長1名 教頭1名 教諭6名  講師1名 養護教諭1名 栄養教諭1名 技能員1名
 市非常勤講師1名 介助員2名
 
4 さんぽく北小学校の校歌